住宅営業ノウハウVol.14

現場見学会の計画

全てのことについて計画は大切ですが、現場見学会においてもそれは同じです。
詳細なスケジュールを計画して実施することが、見学会を成功させる重要なポイントです。
ここでは、実際の現場見学会の一般的な流れについてお話ししたいと思います。
 
現場見学会の行程について

1)見学会60日前
   現場見学会の決定
   現場選定およびお施主様への交渉

2)見学会50日前
   企画会議(チラシの内容、ターゲット、販促品などの決定)

3)見学会40日前
   チラシの発注
   販促品などの発注

4)見学会30日前
   DM作成・発送
   招待客の洗い出し
   お施主様への挨拶と今後の活動内容報告

5)見学会14日前
   電話・訪問活動(営業マン)
   ポスティング・近隣挨拶回り(全社員)

6)見学会7日前
   電話・訪問活動
   ポスティング・近隣挨拶回り
   チラシ・販促品納品 
   粗品・資料準備
   お施主様への事前のお礼(粗品持参)

7)前日
   現場清掃
   飾りつけ
   捨て看板設置

8)当日
   テント設営
   接客活動
   来場のお礼の手紙

9)見学会最終日
   戦略会議(ランク分け・追客方法、手順の決定)
   捨て看板の回収
   お施主様への事後のお礼(粗品持参)

10)翌日
   来場のお礼の電話


大まかに、以上が現場見学会を開催するときに計画しなければならない事項です。
あなたの会社ではどうですか?

住宅関係ではなく、現場見学会など必要ない業種の会社でも、意外と参考になるヒントを見つけることができるのではと思います。

見込み客の集客において、顧客心理や購買プロセスを考えたときに、適切なタイミングで、適切な説明や提案、準備をすることで、集客数やその後の契約率が大いに違ってきます。

全ての集客活動において、万全の準備と適切なタイミングで適切なアクションを起こすことが重要です。
その部分の設計は、経営者の方が自ら行い、社員の方に忠実に実施してもらうことが大切です。


木曽

関連記事一覧

ニュースレター作成代行

ニュースレターLINE版

ウェブサイト制作

SNSサポート

LINE版デモアカウント

ツクツク!!

フェイスブック

お問合せ