住宅営業ノウハウVol.4

営業マンの自信について

前回は、“営業マンの自信”について、
お客様の本音を聞けるようになるための方法について、お話しました。
今回は、“営業活動の体系”について考えていきたいと思います。

営業マンとして、上司から言われた事だけをこなしていては、トップになれませんよね。
なぜなら、上司が言ったとおりの結果しか、出ないからです。

では、どういうふうにすればよいかというと、
上司から言われたことの本質を考えるのです。

 ●なぜ、あなたの上司や会社は、その営業活動や作業を行っているのか?
 ●そして、もっと良い方法はないか?

すると、必ず2つや3つは、アイデアが浮かびます。
アイデアが浮かんだら、そのアイデアを試してみます。
そして結果がでれば、その方法に変えるか、
または、上司と相談して会社としての戦術を見直します。

このような一連の流れを作っていけば、トップ営業マンも夢ではありません。
その過程で必要なスキルとして、「営業活動の体系」を知っておく必要があります。

図表を使って説明しますので、こちらをご参照ください。

参考になりましたでしょうか?

営業活動の体系の中でも、今回は、
住宅販売業やリフォーム業などの営業活動の体系について、ご説明しました。
もちろん、他の業種でも十分参考になると思います。

「営業活動」を体系的に把握しておくことは、
スランプに陥ったときなどに、スランプを脱出する指標となります。
ぜひ、あなたの会社でも確立させておいてください。


木曽

関連記事一覧

ニュースレター作成代行

ニュースレターLINE版

ウェブサイト制作

SNSサポート

LINE版デモアカウント

ツクツク!!

フェイスブック

お問合せ