ニュースレターノウハウ VOL.9

顧客の教育と育成

今回は、他ではあまり語られない、ニュースレターを通して顧客を教育・育成することについてお話します。
これは何より、自分の教育と育成に役立ちます。(ここが、ポイントです。)

ただ、『顧客を教育・育成する』と言われても、あまりピンとは来ないかもしれません。

例えぱ、あなたがホームページ制作業を営んでいるとしましょう。

その場合、次のようなポイントについて、ニュースレターの中で解説していくのです。
「見積もりを依頼するときは、何に注意をすれぱよいのか?」
「技術力の在る無しは、どこで見極めれぱいいのか?」
など、どんな業界にも、その業界特有のポイントや慣例などがあるはずです。

ペットショップでも同じです。
「ワクチン注射の基礎知識」
「総合栄養食と一般食の違い」
などといった、サービス・商品を選ぶ際の判断基準をはじめとして、
「はじめてペットと暮らす方への注意」
「アレルギー体質の方への注意」
など、その道のプロとしての知識を提供することによって、顧客を教育・育成することが可能となります。

一度、信頼してもらえさえすれぱ、あなたは良きアドバイザーになります。
頼りがいのある専門家になるのです。
だからこそ、顧客にきちんとした知識と情報を提供しながら、正しい購買基準などを伝えられるのです。

もちろん、ただ単に、あなたに都合の良い情報だけを提供するのはご法度です。
そんなことをしていれぱ、あなたのニュースレターが別の専門家の手に渡った瞬間に、あなたの信用は地の底に落ちることになるからです。


木曽

関連記事一覧

ニュースレター作成代行

ニュースレターLINE版

ウェブサイト制作

SNSサポート

LINE版デモアカウント

ツクツク!!

フェイスブック

お問合せ