住宅営業ノウハウVol.34

Pocket

DM・アンケートとニュースレター

ここしばらくはダイレクトレスポンスマーケティング(以下、DRM)の話をしています。

DRMは、中小規模の企業だけでなく、大企業でも多く取り入れられています。
それだけ圧倒的な効果をもたらすDRMをマスターすることが、これからは必要になります。
ですので、このコーナーでも細かく触れていっています。

今回は、ダイレクトメールに入れるものの中で、“アンケート”および“ニュースレター”について説明したいと思います。


1.アンケート

アンケートとは、お客さまの声を集めるためのアンケートです。

もちろん、お客さまが今困っていることなどをヒアリングリサーチするアンケートの使い方でも良いでしょう。
ただ、お客さまの方が、わざわざ売り込まれるために正確な情報を記入するとは思えません。

ですから、アンケートの目的をズバリお客さまの声を集めるためのツールと位置づけた方が、後の販促ツールとして役に立ちます。

例えば、
A)小冊子などを読んだ感想
B)当社についてどう感じているか?
C)チラシを見てどのような印象を受けましたか?
D)商品を購入してみた感想は?
というふうに、次の有効活用を念頭にお客さまの声を集める仕組みを構築してください。


2.ニュースレター

ニュースレターは、すでにあなたも活用されていますので、ここであえて詳しく説明する必要はないかと思います。
ダイレクトメールの中になぜ入れるかというと、売り込み臭を消すためです。

そして、そのニュースレターに社長のことや会社の様子を伝えることで、親しみを持ってもらいます。
わざわざ営業マンが訪問して話をしなくても、大勢のお客さまと親しくなれるのです。

親しみを感じることができる会社と、そうでない会社。
お客さまがどちらで商品を買うかといえば、当然、親しみを感じている会社ですよね。

また、お客さまとの接触回数を増やす役目も果たしています。
つまり、ダイレクトメールばかりを送っているとお客さまに嫌われますので、何度も送ることはできません。
しかし、ニュースレターであれば、何度送っても嫌われません。

毎月ニュースレターを届けて下地ができているからこそ、ダイレクトメールの反応を上げることができるのです。

 

木曽

 

関連記事一覧

ニュースレターテンプレート

オンライン相談

フェイスブック

ウェブサイト制作

その他事業

お問合せ