ニュースレターノウハウ VOL.46

Pocket

人間の基本的欲求について

ニュースレターを作成させるコツとして“心理学”を学びながら、その手法をニュースレター作成に応用する方法を紹介しています。

心理学は、ニュースレター作成だけでなく、あらゆるところで役に立つ知識ですので、あなたのヒントになれば幸せです。


今回は、名前を読んでもらうとなぜうれしくなるか?についてお話します。


あなたも経験ありませんか?

自分の名前を知らないだろうと思っている人から、名前を呼ばれた時のことです。

悪い気持ちはしないですよね。

むしろ、びっくりしてうれしくなりますよね。

なぜ、人は自分の名前を呼ばれてうれしいのか?

このことを理解するには、人間の欲について考える必要があります。


人間には5段階の欲求があると、アメリカの心理学者マズローが言っています。

人間の基本的欲求は、低次から

 1.生理的欲求

 2.安全の欲求

 3.親和(所属愛)の欲求

 4.自我(自尊)の欲求

 5.自己実現の欲求

の5段階に分類され、「階層説」とも呼ばれています。

そんなに親しくない人から名前で呼ばれると、自分のことを特別な存在と認められていると思い、マズローの4段階(自我の欲求)が満たされる訳です。

すると、自分もその人を特別な存在と認識します。

そこから、心理的距離間が一気に接近するきっかけになることが多いです。


実は、このことは人間だけではありません。
 
ベットの犬でも、名前を呼ぶと、尻尾をふりながら、よろこんでコチラに駆けてきます。
 
人間に限らず生物一般においても、自己の存在が認識され、認められると、うれしく感じられるそうです。

ニュースレターにおいても出来れば、お客様の名前を手で書いたり、個人的な手紙を書くように心がけたいものです。


木曽

関連記事一覧

ニュースレターテンプレート

オンライン相談

フェイスブック

ウェブサイト制作

その他事業

お問合せ